投稿「褌」川柳
[6] 六尺
朝空に 褌三本 風に揺れあさぞらに ふんどしさんぼん かぜにゆれ
詠み 雄介
俺、父、祖父の三人とも六尺褌常用者。洗った三本の六尺褌が毎朝干されている光景を詠んだ。
[2019年02月20日] 1

・親子孫、三代とも六尺褌なんて羨ましいです。
[5] 六尺
赤褌に 白き液溢れ 精通すあかふんに しろきえきあふれ せいつうす
詠み
赤い六尺締めて川で泳ごうとした時に突然勃起した。膝上まで水に浸かった瞬間に全身をものすごい快感が貫いた。気付くと六尺がぐっしょり濡れて白い液が滲み出ていた。精通した小5の夏休みの思い出。
[2019年02月13日] 1
[4] 六尺
白褌に 「日本男児」の 声かかるはっこんに にっぽんだんじの こえかかる
詠み
褌一丁で和太鼓を叩く姿に、演奏会場からよく「よう!日本男児」という声がかかります。
[2019年02月11日] 1
[3] 六尺
巨き竿 褌濡れて 露わなるおおきさお ふんどしぬれて あらわなる
詠み
和太鼓の演奏中、かいた汗で六尺褌が透けて巨根が丸分かりって言われる。
[2017年08月24日] 4

・潤くん、投稿の写真も素敵だよ

・濡れて透けた褌に巨根がくっきり、エロいね〜!
[2] 越中
褌が 男の色気を かもしだすふんどしが おとこのいろけを かもしだす
詠み 銀河1951
熟年の越中褌姿にセックスアピールを感ずる
[2017年06月28日] 2
次へ
新着作品
新規投稿
人気作品

No: Pass:
「HOME」へ戻る
まろやか投稿川柳 Ver1.01